In-house magazine front cover design

忘れられないギグ

ローラ・グリーナンは、キャンパスでの有名なコンサートを祝うペンシルベニア州スワースモア大学の学内誌の表紙の依頼を完了しました。

「この企画楽しかったです!」委員会のローラはこう言います。その結果、大学雑誌の驚くほど活気に満ちた表紙が誕生しました。

クライアントのリクエストは、キャンパスで開催された伝説的な音楽コンサートの思い出を掘り下げる「I WAS THERE」というタイトルのカバーストーリーに添えるサイケデリックなロックポスタースタイルのイラストでした。

ローラは続けます。「しかし、彼らは音楽に焦点を当てるのではなく、大学自体を有名人にして、表紙を雑誌へのより広く歓迎する入り口にしたいと考えていました。そのため、デザインで取り上げられた主要な建物は、キャンパスの中心にあるスワースモアのオリジナルの建物であるパリッシュホールです。これは雑誌の春夏号になる予定だったので、彼らはまた、鮮やかな色とたくさんの有機的な形、木々、花を使った非常に春らしいイラストを要求しました。私はさまざまなサイケデリック音楽のポスターからインスピレーションを得ましたが、その多くはアールヌーボーを使用しています」有機的な蔓や花の要素を使用し、上部に水仙のような大きな斑点につながる渦巻き状の形状の境界線を作成しました。中央の建物は、サイケデリックな雰囲気に合わせて歪んで細長くなっています。アートワーク用にいくつかの異なる構成をまとめました。そのうちの 1 つは、境界領域の周りに渦巻きと葉が多くあり、より華やかになっています。クライアントが選択した最終的なアートワークは、雑誌の渦巻き状の形状を保持しながら、雑誌の側面まで境界線を拡張しています。オリジナルのデザイン。」
パターン
設計
社説
音楽
建築
イベント
サイケデリック
マガジン
お祝い
フロントカバー
ローラ・グリーナン

IllustrationX アートジーニーの紹介

あなたのクリエイティブガイド

v1.5.6
Briefly describe the project you need artists for, and let me guide you 😊
尋ねる
こんにちは
喜んでお手伝いさせていただきます!