図書館で

ローハン・イーソンは、青山美智子の「探しているものは図書館にあります」を親密に描いています。

この新しいペンギンブックスのリリースのために、5 つの白黒のキャラクター主導のイラストが依頼され、露伴の作品と日本語のテキストが組み合わされています。

「探し物は図書館にあります」は「少し道に迷った数人の心温まる物語」だとローハンは説明します。 「そして、親切な図書館員の優しいそっと押しによって、彼らは自分の道を見つけます。私は、各登場人物にとって、物事がカチッと音を立てて、何がこの先にあるのか、何がこの先にあるのか、何がその先にあるべきなのか、その感覚が明らかになったとき、それぞれの登場人物にとって特別な気づきの瞬間を見つけなければなりませんでした」誰もがこれらの登場人物に親近感を抱いたことがあるでしょうし、見知らぬ人の優しさや偶然の力が、自己向上と変化のための真の力となる可能性があるので、これは本当に愛すべきプロジェクトでした。

ライン
物語
出版
黒と白
ローハン・イーソン
シーン
日本
ストーリー

IllustrationX アートジーニーの紹介

あなたのクリエイティブガイド

v1.5.6
Briefly describe the project you need artists for, and let me guide you 😊
尋ねる
こんにちは
喜んでお手伝いさせていただきます!