人生を祝う

キャサリン・ラスキーは、シアトルの文化コミュニティでよく知られ、大切にされている男性の生涯を称える肖像画を作成する任務を負っています。

キャサリンは、愛する友人がグッズが大好きで、イベントにはTシャツ、帽子、シルクスクリーンのトートバッグ、マグネット、ステッカーなど、たくさんのグッズが用意されることから、肖像画は認識しやすく、拡大縮小可能である必要があると言われた。

彼女の最初の目的は、彼の肖像を楽しく、そして代表的な形で描くことだったので、親しい友人たちの「委員会」が意見を出した。彼女は彼の顔に対して 2 つのアプローチを考えた。大学時代の友人のほとんどが覚えている若くてたくましい顔と、彼女がよく知っている、より成熟した、賢くなった顔だ。彼の髪は特に注目された。「もっとワイルドに!」と妻は言い続けた。「いつもボサボサだったから!」

最終的に、彼らは用途別にいくつかのバージョンを選んだ。髪が乱れた少し年上のバージョン、いつもの野球帽をかぶった幸せそうな若いバージョン、そして野球帽に刺繍するのに適した、より大胆ですっきりとした3番目のバージョンだ。彼はまた、「親切に」というマントラでもよく知られていた。

キャサリンは、友人たちがグッズ販売のアプローチを喜んで受け入れてくれたことに心から喜びました。誰もがこの素晴らしい人物を偲びたかったのです。嬉しいサプライズには、現場でシルクスクリーン印刷されたバッグ、ティッシュ(とても必要でした)、パール ジャムのメンバーが星条旗を演奏している間に観客に投げられたピーナッツの袋などがありました。

キャサリンは、この非常に悲しいけれども喜びに満ちた祝賀会に参加できたことに心から感謝しました。

ライン
肖像画
黒と白
キャサリン・ラトケ
商品
男性
お祝い

IllustrationX アートジーニーの紹介

あなたのクリエイティブガイド

v1.5.6
Briefly describe the project you need artists for, and let me guide you 😊
尋ねる
こんにちは
喜んでお手伝いさせていただきます!